月別アーカイブ: 2017年2月

先輩の深刻な悩み事

相変わらず、婚約者は結婚式のことで全然動いてくれません。
もう私も、どうなったって良いや!ってヤケになっていて、プランナーの人の言いなりです。
おかげで式の費用がどんどん増えてしまっていますが、幸いに旦那になる人は比較的お金に余裕がある人なので、まあ良いかと。

今、また海外出張に行っているので、私は仕方なく、新橋で会社の同僚を誘って飲んでいます。

先日、会社の先輩(女の人ですよ)と新橋の個室居酒屋「あきない」で飲んでいました。
すごく寒い日だったのに、氷点下のスーパードライで乾杯!
良い感じに酔ってきた時に、先輩が悩み事を打ち明けてきたんです。

先輩には、中学1年生になる息子さんがいるんですが、背が小さくて悩んでいるっていうんです。
同い年の子供よりも、頭一つ分低いらしくて、お子さんも身長が低いことに悩んでいるみたいです。

結婚もまだしていない、子供のいない私には、いまいち悩みの深さがピンときませんでした。でも、子供ができたらどんなことでも悩みのタネになるんだな、と思って聴いていたんです。

クラブはバスケ部に入っているのが、背が低いためにレギュラーにはなれず。
家に遊びに来る男の子たちはどんどん大人びてきてるのに、自分の息子は小学生の頃とあまり変わらないように思える、とか。。。

何か背が伸びる方法ってないのかな〜っと、お酒を飲みながらスマホで調べました。
すると、こんなサイトを発見。
http://www.子供の背が伸びない.site

同じように、子供の背が伸びずに悩んでいるお母さんのサイトです。
ここでは、サプリを飲んで背を伸ばしたって書いてあるけど、効果はどうなんだろ?
と思っていると、先輩もこのサイトを食い入るように見ていて、結局そのサプリを買うことにしました。

先輩は背が低い方(150センチくらい)なので、子供の身長にかなりナーバスになっているようです。そりゃあ、背が高いに越したことはないしね。
そこまで悩むこと?って思いましたが、悩みってのは本人にしか分からないことって、多いと思います。

私の結婚式の段取りの悩みも、人に言わせれば「そんなことで悩んでいるの?」と思われるかもしれませんし・・・

結婚式の現実逃避で、酒に逃げるダメな私

私は都内の小さな旅行代理店に勤める、普通の三十路OLです。
婚約者がいて、結婚間近なんですが、ちょっとした悩み事があります。

というのは、私はもともとお酒好きなんですが、旦那になる人との行き違いで、最近お酒の量が増えているんです。

私は都内の繁華街(新橋)に勤めていて、会社の近くには飲み屋が多くあります。
元々お酒をよく飲むほうですが、誰かと約束をして飲みに行くことが9割で、ボーナスが入ったときなどにたまに近所へ一人で飲みに行ってみるという感じ。
そんなに月に何度も飲みに行っていませんでした。

しかしここ最近、結婚式にまつわる行き違いで、お酒の量が増えているんです。
私は、余計な出費になるし、友人も多くない方だし、はっきり言って結婚式なんて無駄な儀式だと思っているんです。
とにかく私は結婚式を挙げたくなかったのに、旦那になる人の意向で式を挙げることになりました。

彼は「一つの区切りだし、ちゃんと結婚式を挙げて、みんなにも感謝の気持ちを伝えたい」

と言うんです。
まあそれはそれで、ちゃんとした考え方だし、立派だとは思うのですが、貯金もほどんどないし、派手な結婚式で無駄にお金を使うのが嫌なんですよ。
それだったら、新居にお金をかけるとかしたいわけです。
私の考え方って、変ですか?

でも一番腹がたつのが、準備は私任せで、彼は何もしてくれないんです!
彼は定期的に海外出張に行く仕事をしていて、忙しいのはわかります。
でも、自分で結婚式を挙げたいと言いながら、式の準備や打ち合わせは全て私任せなんです。
付いてきてもくれません。

やりたくもないことをなぜ私がやらねばならないのか?
毎日疑問に思っていて、結婚式の準備や打ち合わせは私にとっては苦行でしかありません。
何も楽しくないし意見もないので、打ち合わせはプランナーの提案をほぼ飲んでいきます。

しかし、周りの友人は結婚していない人が多く「結婚式をやりたくない」ことを話すと結婚できるやつの嫌味のように聞こえてしまうのではないかと思い、この話は言えません。
女性の多くは結婚式に憧れますものね。

なのでこの不満が溜まっていき一人で新橋で飲み歩くようになりました。
いい感じの飲み屋も数件見つけ常連客とも仲良くなれ、とても楽しいですが、楽しいのは飲んでいるときだけで、目が覚めるとまた結婚式のことを考えねばと現実に戻ります。

お酒の量もすごく増えて、アル中になりそう。
最近は、こんな意見の合わない二人だし、彼も全然協力的じゃないので、「このまま結婚しても続かないんじゃないか?」と深刻に悩んでいます。